(表面 販売店控え)

(裏面 引渡し先控え裏面)

裏面はクリックで拡大できます

一般高圧ガス引渡し先保安台帳は、高圧ガス保安法第20条の6(販売の方法)に基づいて販売業者等が高圧ガスの販売するときに経済産業省令で定められた技術上の基準のうちのひとつです。当該法令において従うべきとされた「経済産業省令で定める技術上の基準」の一般則第40条第1号や液石則第41条第1号に「引渡先の保安状況を明記した台帳を備えること」とされており、基本通達(高圧ガス保安法及び関係政省令の運用及び解釈について)によって明確にされたその運用に添って、データ化も視野に入れた書式に構成しております。
全溶連では、この保安台帳の再構成にあわせて、「引渡先保安台帳作成用原票(二枚複写)」を用意しております。
また、保安台帳の書き方のガイドとして「保安台帳記載要領」を、液化石油ガスや圧縮天然ガス販売時の追加資料として「液化石油ガスを販売する場合の図面等」と「圧縮天然ガスを販売する場合の図面等」をダウンロードで提供しております。それぞれ、以下のリンクからダウンロードし、出力してご利用ください。


「保安台帳記載要領」
「液化石油ガスを販売する場合の図面等」
「圧縮天然ガスを販売する場合の図面等」


全溶連会員事業所向け特別販売価格 ¥*******
会員外販売価格
総ページ数2ページ(裏表)
発行全溶連